ふなこし内科・循環器内科

福岡市中央区笹丘1-4-12

筑肥新道沿い 駐車場4台 (近隣コインP補助あり)

092-722-2754

受付:9時〜17時 (金曜/土曜午後・日曜祝日休診)

新患専用診察予約
循環器の病気;まとめを作成しました 夏期休診のお知らせ(お盆休み含む)

心タンポナーデ

心臓とそれを保護する膜(心膜)の間には心嚢液が存在する。
それが何らかの原因で過剰に貯留した時に心臓が拡張しにくくなり機能障害を来す。原因は様々だが悪性腫瘍や心膜炎が多い。

急性の経過をたどり貯留する原因として腎不全や大動脈解離、心筋梗塞やそれによって引き起こされた心破裂でも心タンポナーデは起こりうる。またカテーテルなどの医療行為でも生じる場合もある。

心嚢液貯留に加えて血圧低下や心音微弱、静脈圧の上昇をきたした場合は心タンポナーデを疑うべきである。
胸痛や呼吸困難、倦怠感などを来す場合もある。治療は心嚢液を減少させる目的でカテーテルドレナージを行う。
同時に原疾患の治療も行う。

その他の心筋、心膜疾患

循環器の病気について

無料健康よろず相談
を行なっています。

メール相談 LINE相談