ふなこし内科・循環器内科

福岡市中央区笹丘1-4-12

筑肥新道沿い 駐車場4台 (近隣コインP補助あり)

092-722-2754

受付:9時〜18時(金曜/土曜午後・日曜祝日休診)

インターネット予約受付
インフルエンザの予防接種を行っています。

狭心症・心筋梗塞とは

狭心症・心筋梗塞とは

ポンプの役割をしている心臓に酸素や栄養を含む血液を送り込んでいるのが、心臓のまわりを走行している冠動脈という血管です。
この冠動脈に動脈硬化が生じ、血管が狭くなるのが狭心症、血管が詰まるのが心筋梗塞です。

狭心症

動脈硬化が血管に生じると脂肪などの固まり(プラーク)が血管の壁に蓄積して一部が盛り上がり、血管の内腔が狭くなります。これが冠動脈に生じると血流が悪くなり心筋に必要な血液が不足し症状(胸の痛みなど)が出ます。これが狭心症で主に労作時に生じるのが特徴です。
また動脈硬化が関与しない冠れん縮性狭心症もあります。これは冠動脈がけいれん性に収縮(れん縮)するために起こる狭心症で安静時や夜間に起きやすいのが特徴です。

心筋梗塞

何かの原因で血管内のプラークが破れて冠動脈の血管内に血栓(血の塊)が生じると、完全に血管が詰まり心筋に血液が流れません。この状態が心筋梗塞で、命にかかわる危険な状態となり、緊急の治療が必要です。
狭心症や心筋梗塞を発症すると心臓のポンプ機能が低下し心不全をきたします。また心室細動など致命的な不整脈が引き起こされ突然死をきたす場合もあります。

狭心症・心筋梗塞の症状

胸が痛む
(胸痛)
ドキドキ
(動悸)
息切れ、咳 めまい、失神 足がむくむ
(浮腫)

狭心症・心筋梗塞の診断法(★は当院で可能です)

採血★ 胸部レントゲン★ 心電図・
ホルター心電計★
心エコー★ 腹部エコー★ 頚部エコー★
下肢血管エコー★ 運動負荷試験★ 血圧脈波検査★ CT・MRI カテーテル検査

狭心症・心筋梗塞の治療

  • 生活習慣の改善や既存症(高血圧、糖尿病、脂質異常症など)の適切なコントロールが前提となります。
  • 薬物療法、ステント治療(カテーテル治療)に加えて重症の場合はバイパス手術が必要となる場合もあります。