ふなこし内科・循環器内科

福岡市中央区笹丘1-4-12

筑肥新道沿い 駐車場4台 (近隣コインP補助あり)

092-722-2754

受付:9時〜18時 (金曜/土曜午後・日曜祝日休診)

新患専用診察予約
ゴールデンウイークの診療体制について

お知らせ

コロナ後遺症;日本のデータが出ました

コロナ後遺症の患者さまが連日お越しになります。日本のデータが出ましたので紹介いたします。(厚生労働省研究班のデータを抜粋)

コロナ後遺症の定義は?
「感染から3カ月経った時点で、少なくも2カ月以上持続していた症状」
このように定義されます。

今回のデータの背景(母集団)は?
東京都品川区、大阪府八尾市、札幌市に在住する方、約19万5000人(小児は約11万人、その他は成人)
にアンケートをとり調査を行った。感染者と非感染者を含むデータである

感染した方の中で後遺症を認めた割合は?
・成人の12~24%に後遺症を認めた。
・小児は約6%であった
⇒小児は後遺症の割合は明らかに低いことが分かりました。

ウイルスのタイプ(型)で後遺症の割合は変わるの?
・アルファ株・デルタ株(流行初期のタイプ、現在は少ない);28.5%
・オミクロン株(現在主流のタイプ);12~17%
⇒現在流行しているタイプは流行初期に比べると後遺症が少ない。

ワクチンをあらかじめ接種すると後遺症はどうなった?
成人・小児ともに、未接種者より後遺症が出た割合が低かった。

 

コロナ後遺症の症状は多彩です。

・疲労感

・倦怠(けんたい)感

・関節痛

・息切れ

・集中力低下

・嗅覚(きゅうかく)や味覚の障害

日常生活に少なからず影響を与えます。

やはりワクチンが後遺症を防ぐ最大の武器でしょう。

 

無料健康よろず相談
を行なっています。

メール相談 LINE相談