ふなこし内科・循環器内科

福岡市中央区笹丘1-4-12

筑肥新道沿い 駐車場4台 (近隣コインP補助あり)

092-722-2754

受付:9時〜18時(金曜/土曜午後・日曜祝日休診)

インターネット予約受付
看護師さんを募集しています(正職)

むくみとは

日常診療の現場でよく遭遇する「むくみ」。いろんな原因があります。

むくみは体の中の水分の分布の割合に変化をきたした場合に生じます。具体的には下の図をご覧ください。
細胞と細胞の隙間の部分を「細胞間質」と言いますが何らかの原因でこの部分の水分量が増えることで浮腫(むくみ)が生じます。

むくみを引き起こす原因と代表的な病気について(★は早急に医療機関の受診が必要です)

① 血管の中の圧力が上昇することで細胞間質に水分が血管からしみ出す。

② タンパク質の一つ、アルブミンの血管内の量が減少すると血管の中の圧力(浸透圧)が低下します。 そうなると細胞間質に水分が血管から滲み出しやすくなり浮腫(むくみ)が生じます。

  • 栄養失調
  • ネフローゼ症候群(腎臓からアルブミンが漏れてしまう)
  • 肝硬変(肝臓でアルブミンの生産が低下している)など

③ 何らかの原因で必要以上に血管からしみ出し状況に陥り、細胞間質の水分が増える

  • アレルギー反応(血管運動性浮腫)★
  • 膠原病
  • 内分泌の病気(特に甲状腺の病気)など

④ リンパ管の閉塞

医学的手技(手術や放射線治療)によってリンパの流れが停滞することで起こります。(リンパ浮腫)

⑤ 長時間同じ姿勢でいること

長時間の立ち仕事や座位は重力の関係で下肢に水分が貯まり、むくみの原因になります。

このように浮腫(むくみ)の原因は様々です。
当院では問診、診察に適切な検査を組み合わせて原因を特定し、適切な治療を行っています。

こちらもご覧ください

主な病気と症状の一覧
主な病気と診断に必要な検査の一覧