ふなこし内科・循環器内科

福岡市中央区笹丘1-4-12

筑肥新道沿い 駐車場4台 (近隣コインP補助あり)

092-722-2754

受付:9時〜17時 (金曜/土曜午後・日曜祝日休診)

新患専用診察予約
循環器の病気;まとめを作成しました 夏期休診のお知らせ(お盆休み含む)

循環器の病気について

僧帽弁狭窄症

僧帽弁の狭窄により左房から左室への血液の流入が障害されている病態。
ほとんどがリウマチ熱(溶連菌感染)によるものであったが衛生状態の向上により本疾患は減少している。

症状は呼吸困難、動悸、頻脈、全身疲労感、四肢冷感、むくみ、体重増加、腹部膨満感など多彩である。
心房細動を合併することがあり注意を要する。診断には心エコーが有用である。
重症度を判定する目的でカテーテル検査を行うこともある。

薬物治療が基本だが重症の場合は外科的手術(弁交連切開、弁置換)を行う。
症例によってはカテーテル治療(経皮的僧帽弁交連切開術)を行う場合もある。

その他の心臓弁膜症

循環器の病気について

無料健康よろず相談
を行なっています。

メール相談 LINE相談