ふなこし内科・循環器内科

福岡市中央区笹丘1-4-12

筑肥新道沿い 駐車場4台 (近隣コインP補助あり)

092-722-2754

受付:9時〜17時 (金曜/土曜午後・日曜祝日休診)

新患専用診察予約
循環器の病気;まとめを作成しました 夏期休診のお知らせ(お盆休み含む)

労作性狭心症

動脈硬化が冠動脈に生じると内腔が狭くなる、つまり狭窄が生じる。
すると心筋に流れこむ血流が減るため虚血が生じる。

心筋は労作時により多くの酸素(血流)を必要とするため狭心症発作は動いた時(階段を上がる、走るなど)に生じやすい。
胸の痛みが典型的な症状だがしばしば放散痛(腹部、腕、肩、顎の痛み)をともなう。

採血、心電図、心エコー、運動負荷試験、ホルター心電図などを用いて診断を行うが冠動脈CTやカテーテル検査を総合病院で行う場合もある。治療には薬物、カテーテル(ステント留置)、外科手術(バイパス術)などがある。

その他の虚血性心疾患

循環器の病気について

無料健康よろず相談
を行なっています。

メール相談 LINE相談