ふなこし内科・循環器内科

福岡市中央区笹丘1-4-12

筑肥新道沿い 駐車場4台 (近隣コインP補助あり)

092-722-2754

受付:9時〜17時 (金曜/土曜午後・日曜祝日休診)

新患専用診察予約
循環器の病気;まとめを作成しました 夏期休診のお知らせ(お盆休み含む)

循環器の病気について

急性心筋梗塞(AMI)

冠動脈壁内側の壁(内皮)に生じた動脈硬化(プラーク)が破綻、亀裂が入ると血栓が形成される。
その血栓が冠動脈を閉塞するために心筋が障害される。一刻も早く閉塞を解除しないと致死的結果を招く。

狭心症とは異なり胸の痛みは30分から数時間にわたって持続する。心臓の機能が破綻した場合は顔面蒼白、冷や汗、脈が触れにくい、呼吸困難、そして意識低下/消失などを来す。ショック状態という。

特徴的な心電図像を呈する場合がほとんどである。早急に治療が必要である。治療の基本はカテーテルによる閉塞部位の解除(ステント留置)であるが、場合によっては血栓溶解療法や外科手術(バイパス術)を行う場合もある。

その他の虚血性心疾患

循環器の病気について

無料健康よろず相談
を行なっています。

メール相談 LINE相談